幼少期からの英会話はプラス要素がたくさんある

始める前から悩むなんてもったいない!

今の子どもたちが大人になる時代には、より一層グローバルな社会になることは間違いありません。
それに向けて注目を集める「英語教育」ですが、注力されればされるほど、英語教育に対する疑問や効果などについての質問も多くあがってきます。
言葉がわからない時期から耳を慣らした方がいい、苦手意識を持つ前に習得した方がいい、とは言われているものの、実際に日本語と英語が混ざって混乱してしまうことはないか、効果が大人になるまで持続するものなのかなどの疑問も多くあります。
まずは子どもが英語に興味関心を持ち、世界に目を向けられることが大きな1歩です。
英会話は、先生との会話を通じて、英語を聞く機会と話す機会が与えられることになるため、子どもはすぐに英語でも言われたことを理解し、話せるようになります。
また、大人になってからよりも、間違えても、わからなくても恥ずかしがらずに思いっきりできるというのが大きいかもしれません。

英会話スクール体験者に聞く体験談と効果

現在、早期の英語教育に興味を持ち、始めようか迷っている方も多いと思います。
インターネットで調べても、友人の体験談を聞いても、答えは1つではないということです。
もちろん、英語教育のやり方、環境、継続年数などでも変わってくると思いますが、多くの体験者がいうことは、子どもは覚えるのも早いが、忘れるのも早いそうです。
未就学児から始め、中学までスクールに通った結果、1番英語が得意になったという子もいます。
家庭でのフォローによっても異なりますが、やはり、受験や仕事で役立つレベルまで習得するには、早期から始め、小学校卒業くらいまで続けると一定の効果が期待できそうです。
また、英会話スクールに通った方は、英語教材は主にインプット(英語を聴きとる)ですが、英会話スクールの場合、アウトプット(話す)の機会も多いため、話している英語を理解するだけでなく、しっかりと会話ができるようになったことを効果と感じています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る