押し付けない!子どもの英語力を伸ばす魔法

悩んでいる方の疑問、本当に意味があるの?

日本語もまだよくわかっていない子どもの頃から英語をやる意味はあるのか?という疑問の声をよく耳にしますが、日本にいれば、ほとんどの人が日本語を話す社会ですので、日本語は成長するにつれて自然と身に付いていきます。
その反面、日本語以外の言語があることに気付き、どんな人がその言語を使っているのか?それはなぜか?また、その言語を話せるとどうなるのか?などを知っていく必要があります。
英語に関しては、文科省でも学校指導要領を変更し、小学生から科目として導入されましたが、これも、グローバル社会を見据えての動きと言えるでしょう。
大人になると、テストで良い点が取れることと、外国人とコミュニケーションが取れることは意外とイコールにはならないことに気付きます。
悩んでいる方は、子どもに良い点を取ってほしいのか、将来コミュニケーションに困らないようにしたいのか、再度本来の意味を考え直してみましょう。

子どもがぶつかる壁と親がぶつかる壁の違い

英語教育の注目とともに、各地でも英語スクールなどがたくさん出てきました。
将来のグローバル化社会のことも考え、興味関心の多い幼児期にスクールに通わせてみたものの、子どもとぶつかることが増えた、なんて方も意外と少なくありません。
子どものためを思って…今のうちからしっかりやらないと…高いお金を払ってるんだから…他の子はできるのに…など親が子どもの行動に対して、ついイライラしてしまうことがあります。
親として見失ってはいけないのが、「子ども自身の気持ち」です。
子どもが楽しんでやっていなければ、好きにもならず、上手くいきません。
物事の継続には、モチベーションが重要で、英語学習においてのモチベーションは楽しいかどうかで決まります。
親が一生懸命になりすぎると、子どもはストレスを感じ、うまく取り組めないと親もイライラして悪循環です。
親自身も教材や先生に任せっきりではなく、英語でのスキンシップも重要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る