英語教育の早期化で、保護者ができることとやるべきこと

英語教育はスタート時期と方法がポイント

両親が日本人であれば、ほぼ日本語の中で育つため、自分の発している言語が日本語だという認識もなく、いつの間にか習得し話せるようになっています。
しかし、他の言語となると別で、そもそも日本語以外の言語があること、それらの言語を話す人がいることなど、大きな意味での「世界」に気付くことが必要です。
今では、小学生から英語の授業もスタートしますので、未就学児の頃から「英語」というものに触れる機会があると、言語という概念だけでなく、世界の文化に通じるというメリットがあります。
耳が、日本語以外の言語に慣れておくことは、決してマイナスにはなりません。
しかし、複雑な英文の読解などは、母国語を習得してからの方が効果が高いと言われていますので、月齢に合わせて導入するのがポイントです。
導入した際も、子どもの興味を主体としてできると、より一層、後々の効果に繋がるようです。

早期英語教育の3つのメリット

ヨーロッパ言語は、英語と共通点が多く、脳内変換もスムーズにできるとされています。
一方で、日本語や中国語は、英語とは全く違うため、習得するための時間を確保するだけでもハンデは大きいと言えます。
また、日本語と英語は使用する周波数帯も異なり、英語学習が遅くなればなるほど、英語の音を聞き取ることが難しくなります。
幼児期に、英語に触れることは、英語を聞き分けられる能力の「英語耳」が育つことが最大のメリットと言えるでしょう。
また、現在の日本の英語学習は、小中高大と合わせても日常生活レベルの英語を習得するためには、時間が全く足りないため、そこを補うためにも、早期の英語教育は有効であるとされています。
昔に比べると緩和してきたものの、「外国」に対して、無意識に偏見を持つことがありますが、英語という言語を通して、バックグラウンドを理解することによって、寛容力が身に付き、偏見や差別、恐れの意識がなくなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る