英語って何?の時期から英語に慣れよう!

中学からスタートしていた「英語」は、今では小学校高学年から、また今後は必修化・教科化になります。
必修化とは、文字の通り必ず学ぶことですが、あくまでも教科ではないため、文科省が定める教科書は無く、学校ごとに教材や学習方法が異なります。
一方、教科化になると、国語、算数などと同様に英語も科目となり、教科書もテストもありますので、通知票などでも成績が出ることになります。
その流れは、今後益々発展されると予想されている「グローバル化」の影響が大きいようですが、英語教育の早期化に伴い、中学受験でも英語が導入されたり、小学生で英語の成績が出るとなると、塾業界もそれに合わせて拍車をかけてきますので、今後の英語教育が過熱することは間違いないでしょう。
それは、低年齢層の保護者にとっても大きな関心となっており、最近は小学3年生未満や幼児期の「英語教育」も注目を集めています。
早い段階から英語に触れ、小さい内に聞き取りや発音を習得し、苦手意識を持たずに、将来へ繋げていこうとする意向から、未就学児である幼少期からスクールに通わせたり、英語教材を取り入れたりする家庭が増えています。
その流れ自体に反対ではありませんが、保護者として忘れてほしくない大切なことがあります。
それは、早期の英語教育における最大の恩恵は、聞き取りでも、発音習得でも、学習内容でもないということです。
幼い頃から英語に触れることにより、子ども自身が「英語が話せるとかっこいい!」「英語が話せると楽しい!」という気持ちを感じることが最も重要です。
英語以外の勉強やスポーツ、音楽、仕事…にも通じることですが、楽しいと思えること、好きなことは、自然と伸びるものです。

TOPへ戻る